当院は完全予約制です。お電話でご予約ください。

完全予約制
0532-88-6480
お電話でご予約ください
診療カレンダー
ScheduleSchedule
PAGE TOPPAGE TOP

小児歯科Child

むし歯を治して終わりじゃない、
もう、むし歯にならない そんなサポートをします。

乳歯(子どもの歯)は生え変わるから大丈夫?

いいえ、そんなことはありません。

むしろ、子どものときの食事・生活習慣・お口の状態によって、大人になったときの歯並びやむし歯になりやすさは大きく変わってきます。産まれた時からきちんとケアすることで将来の美しい口元をつくることができます。

Point乳歯は永久歯よりも小さく薄い

厚みは永久歯の半分と言われ、永久歯よりもずっとむし歯になりやすいです

Pointむし歯菌は外から入ることも

むし歯菌は外から入ることも

生まれた時にむし歯菌(ミュータンス菌)は口の中にいません。

多くは周りの人から感染することでむし歯になります。ご家族の方がリスクを理解して、赤ちゃんのころからケアしてあげることが大切です。

ご家族の方へお願い

  • お願い1なるべく嘘をついて連れてこないでください。

    「痛くないよ」「すぐ終わるよ」「見るだけだから」などの言葉かけですと実際の治療とそぐわないことがあり、お子さんの協力が得られにくくなります。

  • お願い2「歯磨きをしないと歯医者さんで注射してもらうよ!」と言っていませんか?

    お子さんに歯医者は怖いところと印象づけてしまうよりも、「きれいにしてもらおうね」「次はむし歯を取ってカッコよく(可愛く)してもらおうね」など、お子さんが納得して治療を受けられるように、事前にお話しておくのがオススメです。

  • お願い3ご褒美はほどほどに・・・

    治療ごとにおもちゃを買い与えたり、お菓子を約束していませんか?
    まずは治療がなぜ必要なのか、自分のために治すのだと理解させてあげてください。
    頑張ったお子さんには、当院でシールをプレゼントしております。

  • お願い4治療が終わったら

    少しでも上手にできたら、たくさん褒めてあげてください。褒められることで自信がつき、次の治療もがんばることができるようになります。

お子さんが安心して受診して
いただくための取り組み

低年齢のお子さんはトレーニングからスタート低年齢のお子さんはトレーニングからスタート

低年齢のお子さんはトレーニングからスタート

0〜2歳で歯科用の椅子が怖くて泣いてしまうお子さんには、絨毯のお部屋で寝転んで診察することもできます。
治療が初めてのお子さんの場合、いきなり治療をせず、歯医者の器械に慣れていただく時間を設けさせていただきます。(緊急性がない場合)一度トレーニングをすることによって本番でスムーズに治療することができます。

歯科衛生士が担当制です

毎回同じスタッフが担当するので、お子さんの緊張も徐々にやわらぎます。

低年齢のお子さんはトレーニングからスタート低年齢のお子さんはトレーニングからスタート低年齢のお子さんはトレーニングからスタート低年齢のお子さんはトレーニングからスタート
低年齢のお子さんはトレーニングからスタート低年齢のお子さんはトレーニングからスタート

治療の際はラバーダム防湿をします

  • お口のなかに水・薬液が入るのを防ぎます。
  • 歯科治療では高速回転する器械で歯を削ります。ラバーダムによって頬や舌を巻き込むのを防止できます。
  • 異物の飲み込みを防ぎます。
  • ゴムアレルギーがある子向けのものもあるので、天然ゴムアレルギーをお持ちの場合はお知らせください。

痛みを感じにくい麻酔を採用

まず塗り薬やシールで表面麻酔をかけて痺れさせ、その後電動注射器で麻酔薬を注入します。一定のスピードかつ痛みを感じにくい量を入れることができます。

好きなDVDを観ながら治療することができます

気を紛らわせるために、DVDを観ながら治療することができます。お家からお気に入りのDVDをお持ちいただくこともできます。

乳歯の役割

  • 食べ物を噛む

    よく噛むことで栄養が吸収されやすくなります。また、顎の発達が促されるため、顔の形が整ってきます。

  • 発音ができる

    歯があることで、舌を正しい位置に置けるため、発音が上手になります。

  • 永久歯(大人の歯)を適切な位置へ誘導する

    乳歯は歯の根元(歯根)が吸収されることで、歯が自然と抜けます。これは永久歯が正しい位置に生えてくるように誘導します。

  • 永久歯が生えてくるスペースを確保する

    むし歯などで乳歯を抜いてしまうと、永久歯が生えてくるスペースが無くなってしまい歯並びやかみ合わせが悪くなってしまいます。乳歯の時は、歯に隙間があるほうが永久歯はきれいに並びます。

歯科で行うお子さんの予防治療

むし歯になる前に定期検診を受けることがとても大切です。

今はむし歯がなくてもリスクを持っていることがあります。半年に一回は検査をして、悪くなる徴候がないかなどを確認します。汚れを染め出して、磨けていないところを確認します。うまく磨けないところは、きちんと磨けるようにアドバイスします。

フッ素塗布は3〜4ヶ月に1回が目安です。

むし歯になりにくい歯をつくるために定期的な塗布をおすすめしています。
歯は毎日使うものですので「歯医者に行っているから大丈夫」ということはありません。
何よりも毎日の積み重ねが一番大切です。そのためにも、ご家族の方の負担が少なく、お家でしっかりと継続できる方法を一緒に考えます。

診療時間 日祝

休診日 / 日・祝

毎月、第2土曜日と第4土曜日は診療を行い、その週の木曜日は休診とさせていただきます。